以下のメンバーを募集します。

 


10名

 オンラインとオフライン双方向の学びであらゆる観光関連業界で通用する知識と発想力を身につける少数精鋭グループ。兵庫県で稼働中の観光プロジェクトを体験できるインターンシップ的な活動も含まれれるYDHの中核メンバー。

 

<メニュー>

●月2回のZoomミーティング

●各種プロジェクトスタッフへの参加

●就活やキャリアに関するアドバイスや指導

 

<条件>
・兵庫県在住の大学生
・兵庫県下大学に在学する大学生
・大学1〜3年生

 

 


50名

幅広く観光業界に関する知識と見聞を広めたいメンバーに向けて月1回のオンライン勉強会を提供する「e-ラーニング」プログラム。 

 

<メニュー>

●月例全10回のオンライン講義を自由に聴講可能

・メンター・江藤担当の観光マーケティング講座5回

・観光業界からゲストを招いてのビジネス講座5回 

●不定期開催イベントへの参加 

 

※研修生から局員への変更登録も一定条件下で可能 

※2期生は一旦研修生に登録後、希望者を局員に登用

 

<条件>

・兵庫県在住の大学生
・兵庫県下大学に在学する大学生
・兵庫県出身の大学生
・大学1〜3年生



【YDHのススメ】

1期生が語るYDHの魅力!

 

<今村康佑/関西学院大学>

SDGs、観光、シェアリングエコノミー、、、

これらに関して、ボスが口を開けるともう止まりません!面白い話がいっぱい聞けます!そして本当に勉強になります!ボスに初めて出会ったときは、経験値も知識量もよく分からないぐらい豊富で、とりあえずこの人のもとでいろいろやってみたい!と思ったのを覚えています!YDHでは、ボス以外にも本当に素敵な社会の人々に出会えます!YDHに入って損はしません!約束します!!!


<瀬野佳奈/関西学院大学>

YDHの魅力は、「自由に話し合える場」です。私が何か相談をすると、一緒に考えてくれる人達がいます。環境問題、地域創生、平和について、、。興味を持っている分野は人それぞれです。しかし、分野が違っていても真剣に壁打ちをしてくれる人がいて、私自身、やりたいことに向き合うようになりました。YDHに入って本当に良かったと感じています。


<中務光夏/京都外国語大学>

 

●YDHの魅力
まずひとつは学校のサークルやインカレよりも広い範囲の(出身地など)大学生と話し合えるため、兵庫の観光局であっても様々な場所で育った大学生の意見を聞き合えて友達ができることです。他の視点からの兵庫県を考えることが出来ます。ふたつ目は就活、卒論そして大学生活の過ごし方について様々な将来に役に立つことを教えて貰えます。


<網歩乃佳/国際教養大学>

 

昨年、SNSでたまたま流れてきたYDHのウェビナー開催の広告。これがコロナ禍で一変した学生生活に豊かさを取り戻す転機でした。初めは観光に興味があって、SDGsを学んでみたくて参加したYDHでしたが、BOSSの講義やフィールドワーク、メンバーとの交流を通して今まで知らなかった価値観・これからの社会で生き抜く術をたくさん学びました。多様なバックグラウンドを持つ大学生、そしてBOSSが集うことでたくさんの出会いや議論が生まれます。自分の想いを真剣に語り合える、大切な仲間ができます。そして何より好奇心を自由自在に形にできます。迷ったら、行動してみる。ぜひ、私たちと一緒に学生生活に彩を添えましょう!


<下園智音/関西学院大学>

 

YDHでは、セミナーやプロジェクトを通して社会への疑問や課題を考えられる場所です。

BOSSによる講義で観光に関する知識を得られます。また、YDHには、さまざまな学校学部に所属しているメンバーが集まっており、環境やビジネス、平和等それぞれに興味関心ある分野は違います。そして皆が各個人のことを認めているため、各興味関心事をみんなで共有しやすく一緒に考えることができる点が魅力だと考えています!


<増永レベッカ/神戸女学院大学>

 

YDHは、SDGsを構造的に考えることができます。私は環境問題に興味があるので、大学等でSDGsを勉強していますが、実践的にビジネスに落とし込んで考える方法は他では教えてくれません!

他の大学生たちも本気の子達ばっかりで、刺激しあえる関係です。それぞれの興味分野が違うからこそ、今までになかった考え方に触れられ、自分自身成長できます。

また、学生団体ではなく、BOSSがいるので、社会人の働き方、考え方を間近で見ることができます。大学生のうちにこれを感じられるのは財産だと思います。周りの大人とは違った立場から就活相談もしてくれるので、私はなんでも相談しています。


<大西夏季/兵庫県立大学>

YDHのおすすめポイントは、普通の大学生が中々できないような貴重な経験が得られるところです。

現場の最先端で活躍するBOSSの話はとても面白くて、観光以外にも環境・経済・政治など幅広い分野について新鮮で分かりやすい解説が聴けます。
さらに、座学だけでなく、実際に現地に行って体験したりメンバー含め様々な価値観を持った人と関わったりすることでより深い学びになります。入ってくる時には特別な知識や経験は要りませんが、活動していく中できっと多くのことが得られると思います。少しでも興味を持った方はぜひ足を踏み入れて欲しいです!


<長坂夏実/神戸学院大学>

YDHの魅力としては、大学での学びだけでは知り得ない、地域の現状や観光地の現場をリアルタイムで知ることができる点です。また、異なる学部や出身地の人が集まるので、様々な考え方に触れることができ、常に新しい気づきがあるのも魅力だと思います。私は丹波篠山のプロジェクトに参加させて頂いたのですが、心の中でぼやっと思い描いていた理想みたいことみたいなものが少しクリアになった気がしました。


<中野悠紀/関西学院大学>

人は何か一つに熱中できるようになると、どんどん好奇心が膨らんで、新しいことや自分が好きなことに挑戦できるような行動力がつくと思っています。YDHには、そのきっかけになるものがたくさんあります。BOSSの講義、地方へ行って地域の人と話すこと、YDHに入らなかったら出会わなかった学生との旅行。YDHは大学のゼミとも、サークルとも違う、高校生の時のクラスのような団体です。これから先の大学生活で困ったときに相談できるそんな関係の友達が欲しい人はぜひ参加してみてください。


<土岐厚博/神戸学院大学>

 

YDHに所属することで他大学の学生と交流出来るだけでなく、SDGsを実践的に学ぶことも出来ます!特に今現在自分が何をしたいのか定まっていない人ほどオススメです!YDHではそうした自分探しをすることが出来る点が良いところだと思います!一期生皆で待ってます!!!


<藤田こころ/大阪成蹊大学>

 

YDHのススメ!
①持続的可能な観光を学ぼう!
②夢や目標を語り合える仲間と出会おう!
③兵庫県が持つ観光資源の可能性を引き出そう!
④平和とは何か、未来に繋ぐ大切さを学ぼう!
⑤地方創生のお手伝いに挑戦しよう!
ひょうご大学生観光局はあなたの夢・挑戦を後押しします!SDG’s、地方創生、ピースツーリズムなど好奇心がくすぐられるキーワードが盛り沢山!私たちと一緒にYDHを盛り上げませんか?


<安原里紗/神戸市外国語大学>

YDHの好きなところは、皆んなが自分の未来について一生懸命考え、行動しているところです。観光系はもちろん、さまざまな分野に興味を持った学生たちが集まり、将来についての夢や不安などを自由にシェアでき、応援し合う雰囲気があります。

 4月に参加した鹿屋でのキャンプでは、地方の観光の底力を目の当たりにすることができました。地方は衰退しゆく場所ではなく、これからの工夫次第でどんな未来も作っていけるという可能性を持った場所だということを知ることができました。


<一柳瑠彩/神戸市外国語大学>

私は自分から学びたいと初めて積極的に行動したのがYDHへの参加でした。YDHやキャンプに参加しなければ、知ることもなかっただろうライフキャリアやプランを持つ方々に出会うことができました。BOSSもYDHのメンバーも含めて。みんな、自分が持っている考えの枠を軽々と越えてくるので、動揺します。話を聞いていて、自分の考え方の未熟さや知識の薄さに悔しくなることもあります。でもそれ以上に自分の視野の広がりが実感できてとてもワクワクします!